2019年 涸沢登山学校 日程

集合場所:横尾山荘前(雨天時は食堂内)午前9時30分

  「涸沢登山学校」の旗(緑地に赤と白の名入り 40㎝×40㎝)が目印です。

解散場所同上 午前9時予定 パノラマコース下山の際は新村橋午前11時予定。

定 員 :各回 8名 

ガイド :次田経雄(アルパインプロガイド国内第1号)

費用内訳:全宿泊費(2食込み)・ガイド料・傷害保険料

経験詳細内容・装備・ルート詳細等は下記へお問い合わせください。

             tsugita@go.tvm.ne.jp

               集合場所緊急連絡先:090-4962-4002(次田ガイド携帯)

       登山全般:http://www.go.tvm.ne.jp/~tsugita/2009top_index.html

お申込み:定員状況確認後、申込金1万円を添え東京事務所にお申し込みください。

     キャンセル料/10日前まで1万円。 それ以降は2万円を申し受けます。

     東京事務所/ TEL 03(3211)1023  FAX 03(3211)8093

⊛天候及び参加者の技術力、体力等により、コースの変更、短縮などが生じる場合がございます。予めご承知おきください。

No.1 中・上級者対象 残雪期登山の技術アップを目指す実践講習会

残雪の穂高登頂(北穂or奥穂)

日 程 :4月27日(土)~29日(月) 2泊3日

参加費用:52,000円

装 備 :ヘルメット・アイゼン・ピッケル・ハーネス・カラビナ&スリング3組

     スリーシーズン用登山靴・ロングスパッツ・サングラス・

     その他ウェアー、グローブなどの残雪期登山の基本装備

山行概要:1日目>涸沢到着後、装備の点検確認。滑落停止等の基本練習。

     2日目>穂高登頂。場所によりロープ使用。

     3日目>下山。(途中、グリセードの練習をします。)

No.2 初・中級者対象 展望・趣の異なる穂高2大名峰への登頂

初めての穂高

日 程 :8月1日(木)~4日(日) 3泊4日

参加費用:65,000円

装 備 :ヘルメット(レンタル有り)・トレッキングシューズ・レインジャケット・

     ザック・グローブ・その他趣向品、愛用品などを含む夏山登山の一般装備

山行概要:1日目>涸沢到着後、くさり場や岩稜歩きの基本練習。

     2日目>北穂高岳登頂。

     3日目>奥穂高岳登頂。   4日目>下山。

No.3 中級者対象 滝谷を眼下に見ての穂高メイン区間の縦走

穂高一周山行

日 程 :8月16日(金)~18日(日) 2泊3日

参加費用:52,000円

装 備 :ヘルメット(レンタル有り)・トレッキングシューズ・レインジャケット・

     ザック・グローブ・その他趣向品、愛用品などを含む夏山登山の一般装備

山行概要:1日目>涸沢到着後、くさり場や岩稜歩きのポイント確認。

     2日目>涸沢~北穂~奥穂~涸沢縦走。

     3日目>下山。(パノラマコース予定。)

No.4 中級者対象 穂高の2大聖地を訪ねる秘境の山旅

初秋の穂高池巡り(北穂池&奥又白池)

日 程 :9月14日(金)~16日(日) 2泊3日

参加費用:52,000円

装 備 :ヘルメットその他若干の防寒対策を考慮した夏・秋山登山の一般装備

山行概要:1日目>涸沢到着後、草付きスラブ及びガラ場歩きの要領練習。

     2日目>北穂東稜経由「北穂池」往復。 往復6~7時間。

     3日目>北尾根5・6のコル~奥又白池~新村橋。到着後解散。

         (新村橋到着午後2時予定。)

No.5 中・上級者対象 小屋閉め寸前、白き頂稜を目指す

初冬の穂高登頂(北穂or奥穂)

日 程 :11月2日(土)~4日(月) 2泊3日

参加費用:52,000円

装 備 :ヘルメット・アイゼン・ピッケル・ハーネス・カラビナ&スリング3組

     ・ロングスパッツ・サングラスその他冬山登山の基本装備

山行概要:1日目>涸沢到着後、装備の点検確認。

         ラッセル及び滑落停止等の雪山登山の総合練習。

     2日目>穂高登頂。(北穂or奥穂)

     3日目>下山。

FACEBOOKページに「いいね!」されたことを、確認できるものをヒュッテフロントにお持ち下さい。オリジナルステッカーを差し上げます。

2019カレンダーできました!!